効果的な資産運用を行うために必要な事とは

物価で相場が変わる

ワンルームマンションを利用した投資について

近年、消費税増税や円安の影響により物価上昇が著しくなってきています。とくに若者は将来年金がもらえる期待も薄く、現在のサラリーマンとしての給料だけで本当にやっていけるのかと将来を不安視されている方も多くいらっしゃることでしょう。そのような状況で、給料以外でも収入を得たいと考えるビジネスパーソンが増加しています。主たる仕事をもつ人が行う副業として、不動産投資という選択肢があります。サラリーマンの手が届く投資用ワンルームマンションという商品も出てきています。このような不動産投資の場合、初年度の不動産所得税などの必要経費が多く発生するため、不動産所得の総額として赤字になりやすく、損益通算による節税効果も期待できます。

ビジネスマンの不動産投資のメリット

低価格が売りな投資用ワンルームマンションの価格帯ですが、地域によって異なってきます。地方都市であれば800〜1000万程度、都心であれば1000〜1500万程度が相場として考えられます。このような投資用ワンルームマンションは入居者さえいれば毎月定額の家賃収入を得ることができます。また、現在のようなインフレ政策のもとでは地価の上昇も期待できますので比較的有利な投資対象といえます。今後行われる東京オリンピックをターゲットとして、東京近辺に投資用ワンルームマンションを購入する人も増えているようです。気を付けるべき点としては、不動産投資に限ったことではないですが、これらは副業と認定されるケースもあるので、会社の就業規則違反となってしまう場合がありますので確認が必要です。